FXブログ

FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説

FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説
お客様は、市場濫用と定義される方法またはその他の不正な方法で取引プラットフォームを使用したり、注文をしたり、取引を開始したりしないことに、同意します。これには時間差取引やサーバーの遅延の利用、価格操作、時間操作、スキャルピング、他のすべての不法行為、お客様に不当な利益をもたらす行為、もしくは当社が本契約の範囲外で独自の裁量により不適切、もしくは不公正とみなした行為が含まれます。さらに、当社やそのサービスおよび特典を操作または乱用する目的で、別の口座との間で、または当社に関連する異なる名義の口座との間で、あるいは他社との間で、同じ銘柄または同様の銘柄のロングおよびショートポジションを同時に保有する行為もここに含まれます。 参照元:iFOREX取引規約

XM口座メリット

XM 口座開設で3万円のキャッシュバック+100%入金ボーナスが付与されるキャンペーンを実施致します!XM 口座に5万円の入金と取引をして頂く方には3万円のキャッシュバックを戻します。海外FXを始めるならXM口座で決まりです。XMは最も人気のある海外FX業者で、888倍のハイレバレッジと豊かなボーナスで注目集めています。 2022年7月31日までにXM口座を開設し、取引を開始して頂いた方に3万円のキャッシュバックをプレゼントします。XMは5万円までの入金に対し100%ボーナスが付与されるキャンペーンを行っていますので、取引資金が10万円になります。 海外FX口座開設を考えている方にはこれが最適なチャンスです。海外FX業者でFX取引を始め、888倍のハイレバレッジのメリットを評価してみましょう。

XM 口座開設23000円入金不要・未入金ボーナスキャンペーン

XM(エックスエム)口座開設23000円未入金(入金不要)ボーナスキャンペーンを2022年も続きます。 2022年7月31日までに当海外FX 未入金ボーナスキャンペーンに参加し、FX初心者おすすめ業者XMで自分のお金を利用せず、23000円の取引ボーナスを獲得出来ます。 XM口座を開設するだけで23000円未入金(入金不要)ノーデポジット・ノーリスクの海外FX ボーナスを獲得できます。 23000円のボーナスを利用し、MetaTrader4又はMetaTrader5取引プラットフォーム、XM口座取引条件、1000倍のハイレバレッジ取引を体験してみましょう!

スマホでXM口座開設・有効化方法解説【2022年】

XM 口座タイプおすすめ・確認、変更方法徹底解説

XM口座タイプ選択で迷っていますか?こちらで、3つのXM 口座種類を比較し、おすすめ口座タイプを解説します。XM 口座タイプの確認方法も画像付きで説明ます。XM 口座を(例)マイクロ口座からスタンダード口座に変更、プラットフォームをMT4からMT5に変更手順、追加でXM ZERO口座開設方法を解説します。

XMカード入金手順、入金できない理由と解決方法

XM ボーナスを受け取れない・反映されない場合の解決方法

XM口座にカードで入金できない?BitWallet入金方法がオススメ

XM (エックスエム)口座にカード入金できないですか?その解決方法はBitWalletです。XM口座入金できる主な5つの方法があります。XM口座を開設し、本人書類を提出したら、クレジット・デビットカード入金、BitWallet、国内銀行振り込み、ビットコイン (Bitcoin)、国際銀行送金で入金できるようになります。その中最も便利な方法はBitWallet入金だといえます。XM口座に直接入金できないカードが増えている中、BitWalletを仲介すると問題なく入金できます。それだけではなく出金もBitWallet口座にでき、資金を銀行口座から引き出すことできます。

XM 口座凍結の原因は稼ぎすぎ?XM凍結と解除法の徹底解説

XM 口座が凍結される条件とその解除方法を解説します。XM口座が凍結される90日以上の放置や不正行為などの原因があります。XMで稼ぎすぎるとどうなるか教えます。XM 口座凍結に関するすべての情報を提供し、凍結を回避・解除するために出来ることを解説します。

FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説

しかし残念ながらiFOREXでは スキャルピングは原則として禁止されており 、本格的にスキャルピングを行うことはできません。

iFOREXは「1日10回以上の取引は禁止」と定められているため、スキャルピングの取引手法に定義される短期のトレードでも、実際には1日9回までの取引は許容される可能性があります。

ただしスキャルピングの場合、1日9回程度の取引で大きな利益を出すことは難しく、 残念ながらiFOREXを利用し、スキャルピングで利益を上げることはたいへん難しい と言わざるを得ません。

iFOREXはスキャルピングより、取引期間の長いデイトレードやスイングトレードに適しており、もしスキャルピングを行いたい場合は、スキャルピングに最適な他の海外FXを探すことをおすすめします。

・iFOREXではスキャルピングは禁止|3つのポイントから解説
・iFOREXでスキャルピングは1日9回までは許容されるが利益を出すのは難しい
・【結論】iFOREXならスキャルピングよりデイトレード・スイングトレードがおすすめ
・スキャルピングに適したFX業者とは!3つのポイントで解説
・スキャルピングにオススメな業者と口座タイプ3選

1.iFOREXではスキャルピングは禁止|3つのポイントから解説

1-1.そもそもスキャルピングとは

スキャルピングとは、 数秒から数分の間に注文から決済までを完結させる、短時間の取引を1日に何度も繰り返し、小さい利益をコツコツと積み重ねる FXの投資手法のことを言います。

・小さい価格変動で利益を上げることができる
・リスクを限定し大きな損失を防ぐことができる
・為替変動に強い

などのメリットがあり、取引のリスクを回避し高い確率で利益を上げることができる取引手法として、FX初心者からデイトレーダーまで、幅広く取り入れられています。

1-2.iFOREXでスキャルピングが禁止なのは取引方式がDD方式だから

iFOREXでスキャルピングができないのはトレードの取引方式が、 DD(ディーリングデスク)方式 である点が大きく関係しています。
FXの取引にはDD(ディーリングデスク)方式とNDD(ノンディーリングデスク)方式の2つの方式があります。

NDD方式とDD方式の違いは、NDD方式ではトレーダーが為替取引を行うインターバンク市場と直接取引を行うのに対して、DD方式の場合はインターバンクとの間にディーラーが介在するという点です。

iFOREXが採用するDD方式の場合、ディーラーが処理できる取引の数には限界があるため、 スキャルピングの高速トレードによって取引量が増えると、ディーラーの処理が間に合いません。

1-3.iFOREXの取引規約にもスキャルピング禁止が明記されている

お客様は、市場濫用と定義される方法またはその他の不正な方法で取引プラットフォームを使用したり、注文をしたり、取引を開始したりしないことに、同意します。これには時間差取引やサーバーの遅延の利用、価格操作、時間操作、スキャルピング、他のすべての不法行為、お客様に不当な利益をもたらす行為、もしくは当社が本契約の範囲外で独自の裁量により不適切、もしくは不公正とみなした行為が含まれます。さらに、当社やそのサービスおよび特典を操作または乱用する目的で、別の口座との間で、または当社に関連する異なる名義の口座との間で、あるいは他社との間で、同じ銘柄または同様の銘柄のロングおよびショートポジションを同時に保有する行為もここに含まれます。

参照元:iFOREX取引規約

冒頭でもお伝えした通り、 iFOREXは1日10回を超える取引を禁止 しており、実質的にはこれがスキャルピングの禁止に関わるルールとなっています。

2.iFOREXでスキャルピングは1日9回までは許容されるが利益を出すのは難しい

お伝えしている通り、iFOREXでは 1日10回を超える取引が禁止 されています。この取引ルールとスキャルピングの関係について詳しく見ていきましょう。

2-1.1日10回未満のスキャルピングは許容される

iFOREXでは取引規約でもスキャルピングの禁止を記載していますが、スキャルピングの定義は明確にはされておらず、 FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説 取引の回数を1日10回未満とすることで、実質的にスキャルピングができない 状況を作っています。

もちろん、スキャルピングはあくまでも数十秒から数分までの短い取引を繰り返すことにあり、1日の取引回数で定義されるものではありません。

つまりこのルールに即して考えれば、1日9回までの取引であれば、スキャルピングに定義されるごく短時間の取引を繰り返すことができるということになります。

つまりiFOREXでは、 スキャルピングに最適な取引環境で1日9回までのスキャルピングを実際に行うことができる ということになります。

2-2.スキャルピングで利益を上げるには1日9回では足りない

しかし残念ながら、 1日9回までのスキャルピングで安定的に利益を上げるのは難しい と言わざるを得ません。

スキャルピングの場合、1回の取引で獲得する値幅は3~10pips程度に過ぎないと言われています。

1,000通貨 × 3 pips(0.3円)= ¥300円

と、1回あたりの利益は300円に過ぎません。9回のトレード全てで利益を上げたとしても、1日の利益は2,700円にすぎません。

もちろん9回全てで勝つことはほぼ不可能で、最低でも2~3回の損切りは必要になりますので、この規模のトレードでは1日の利益が1,000円にも満たないという状況も起こり得るわけです。

これらを総合的に考えれば、実際に FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説 iFOREXを利用しスキャルピングで儲けるというのは、たいへん難しく 、iFOREXが規定する「1日10回を超える取引は禁止」というルールが、スキャルピングを禁止する上では合理的なルールであるということがよくわかります。

3.【結論】iFOREXならスキャルピングよりデイトレード・スイングトレードがおすすめ

そのかわりにiFOREXでトレードする際におすすめなのが、トレードの間隔が長い デイトレード (1回あたり数分から数時間)スイングトレード (1回あたり数日から数ヶ月)です。

FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説
1回のトレードにかける時間 平均トレード回数 1回の取引で目指す利幅
スキャルピング 数秒から数分 1日あたり数十〜数百回 2~3pips
デイトレード 数分から数時間 1日あたり平均1~5回 20~30pips
スイングトレード 数日から数ヶ月 1ヶ月あたり平均1~5回 100~300pips

これらの取引手法で、大きく異なるのが1回の取引で目指す利幅です。

スキャルピングが1回あたりの利幅の目標を2~3pipsに設定し、薄利の値幅を高速の取引で積み重ねるのに対して、デイトレードは1回あたりの利幅の目標はスキャルピングの10倍の20~30pips、スイングトレードに関してはさらに大きく100~300pipsを目指します。

またそれに比例して1回の取引にかける平均的な時間も、数分から数時間(デイトレード)、数日から数ヶ月(スイングトレード)と長く、1日の取引回数はこれに反比例するかたちで少なくなります。

そして スイングトレードやデイトレードであれば1日の取引が10回を超えることはほぼないため、 iFOREXでも安全にトレードを行うことができるというわけです。

4.スキャルピングに適したFX業者とは!3つのポイントで解説

もちろん、スキャルピングを行う業者を選ぶ際には、その業者でスキャルピングが許可されているかどうかだけでなく、 スキャルピングに最適な業者であるかどうか を正しく判断する必要もあります。

4-1.スプレッドが狭い業者を選ぶ

スキャルピングの取引で 損益に大きく作用する要素として最も重要なのがスプレッド です。
このため、スキャルピングを行う場合、できるだけスプレッドが狭い業者を選ぶようにしましょう。

言うまでもなくスプレッドとは、トレードを行う際の売値と買値の間にある値幅のことを言います。

そして1トレードあたり2~3 pipsという大変小さい利益を積み上げることを目的としているスキャルピングでは、スプレッドは取引の成功を左右する重要な要素になります。

この場合、もちろん4pipsの方が取引を決済しやすいことは言うまでもありませんが、ここでさらに重要なのは値幅を達成するまでにかかる時間です。

つまり スプレッドが狭い方がポジションの保有時間が短くなり、より早く次の取引を準備できる ということになります。

できるだけ多くの取引を行うことで利益を積み重ねるスキャルピングでは、一回の取引時間を短くし、数多くのトレードを行うことが成功のための近道です。

そしてこの点で スプレッドが狭くトレードの時間を短縮できる業者を選ぶこと が、スキャルピングで利益をあげるために欠かせないポイントとなります。

4-2.約定力が強いを選ぶ

スキャルピングを行う上でさらに重要になるのが海外FX業者の 約定力 FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説 です。

FXにおける約定力というのは、一言で言うと取引を成立させる能力のことです。具体的には

・注文してから約定までの時間が短い
・注文時のレートでしっかりと約定する
・スリッページ(注文価格と約定価格に差額が発生)が起こらない

約定力は取引において利益を最大化・損失を最小化する上でたいへん重要なポイントですが、特にスキャルピングを行う場合に重要になるのが、 約定が遅延しないこと です。

スキャルピングの場合、取引回数の減少はそのまま利益の縮小につながるため、約定力の高い業者を選ぶことはスキャルピングに適した業者を探す上で大切な要素となります。

4-3.取引コストが安い口座タイプがある業者を選ぶ

取引回数を重ねるスキャルピングで、重要になるのが 都度のトレードにかかる取引コスト です。

このうち、 トータルでの取引コストが安くなるのはECN口座 であることが一般的です。

ただしECN口座の場合、取引手数料が高額になるケースや、レバレッジが低く制限されるケースなどもあるため、業者を選ぶ際には、その業者に自分が使いやすいECN口座があるかどうかをチェックすることをおすすめします。

5.スキャルピングにオススメな業者と口座タイプ3選

5-1.タイタンFX|Zeroブレード口座

FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説 FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説
注文方式 ECN方式
取引プラットフォーム MT4・MT5
最低入金額 200ドル
最大レバレッジ倍率 500倍
最小注文数 1,000通貨(0.01lot)
取引手数料 1lot(100,FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説 000通貨単位)あたり$3.50(往復$7.00)

◎タイタンFX Zeroブレード口座の特徴

・業界最小水準のスプレッドと高い約定力
・ECN口座でありながらレバレッジや初回入金額・最低取引額はスタンダード口座と同等

・業界最小水準のスプレッドと高い約定力

タイタンFXは 業界最小水準のスプレッドの狭さと高い約定力 が特に有名な海外FX業者です。この特徴はタイタンFXのECN口座であるZeroブレード口座でも同じで、特にスキャルピングにおいては、たいへん効果的に機能します。

・ECN口座でありながらレバレッジや初回入金額・最低取引額はスタンダード口座と同等

Zeroブレード口座は、 ECN口座でありながら取引条件がスタンダード口座とほとんど変わらない FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説 という特徴があります。

タイタンFXのZeroブレード口座は初回入金額・最低取引額・レバレッジなど、どの条件を取ってもスタンダード口座と変わらず、スキャルピングにおいてもたいへん利用しやすい条件が整えられています。

5-2.Axiory|ナノ口座・テラ口座

注文方式 ECN方式
取引プラットフォーム ナノ口座1:MT4 ,cTrader テラ口座:MT5
最低入金額 200ドル
最大レバレッジ倍率 400倍
最小注文数 2,000通貨(0.01lot)
取引手数料 1lot(100,000通貨単位)あたり
$3.FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説 00(往復$6.00)

◎Axiory|ナノ口座・テラ口座の特徴

・業界最小水準のスプレッド!取引手数料も安い
・ナノ口座で利用できる取引プラットフォームcTraderはスキャルピングと相性がいい

・業界最小水準のスプレッド!取引手数料も安い

スキャルピングで最も重要になるのがスプレッドの狭さですが、この点でAxioryのナノ口座・テラ口座の スプレッドは、タイタンFXZeroブレード口座とほぼ同等の業界最小水準 を誇っています。

・ナノ口座で利用できる取引プラットフォームcTraderはスキャルピングと相性がいい

ナノ口座とテラ口座は利用できる取引プラットフォームが違う以外、取引条件は変わりませんが、特にナノ口座で利用できる 「cTrader」はスキャルピングを利用しやすいとトレーダーからの評価が高い 取引プラットフォームです。

・取引の透明性を向上させ、約定のスピードを上げる
・ワンクリック決済機能で決済の手間と時間を削減

5-3.Tradeview|ILC口座

注文方式 ECN方式
取引プラットフォーム MT4 MT5
最低入金額 10万円
最大レバレッジ倍率 200倍
最小注文数 10,000通貨(0.1lot)
取引手数料 1lot(100,000通貨単位)あたり
$2.50(往復$5.00)

◎Tradeview|ILC口座の特徴

・スプレッドは業界最小水準
・取引コストは最も安い
・最大レバレッジは200倍と低い
・最低入金額10万円 最小取引単位10,FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説 000通貨といずれも高く少額取引には向かない

・スプレッドは業界最小水準

スプレッドの狭さについては先にお伝えした2社に遜色なく、 海外FX業者のECN口座としては業界でも最小の水準 を誇ります。

・取引コストは最も安い

取引手数料は1lotあたり往復5ドルと、タイタンFXやAxioryよりも安く、取引のトータルコストという点から考えれば もっとも安くスキャルピングを行うことができる口座 であると言えるでしょう。

・最大レバレッジは200倍と低い

一方で 最大レバレッジについては200倍と低く 、高いレバレッジの取引はできません。また、取引に対する必要証拠金の金額は、レバレッジに反比例して増額するため、同じ証拠金でトレードできる取引の規模は小さくなります。

・最低入金額10万円 最小取引単位10,000通貨といずれも高く少額取引には向かない

最低入金額は10万円、また最小取引単位もタイタンFXやAxioryの10倍と高く、 小規模な取引には向かない という特徴があります。
このためTradeviewのILC口座は、少額のトレードから始めたいスキャルピング初心者向けではなく、スキャルピングで一定の規模(一万通貨以上)のトレードができる スキャルピング中級者・上級者向けの口座 であると言えるでしょう。

まとめ

残念ながらiFOREXはで スキャルピングは原則として禁止されており 、本格的にスキャルピングを行うことはできません。

iFOREXはスキャルピングの禁止を取引規約でも明示していますが、具体的には「1日10回以上の取引を禁止」とだけ定めおり、スキャルピングの取引手法に定義される短期のトレードでも、 実際には1日9回までの取引は許容される 可能性が高いといえます。

ただしスキャルピングの場合、1日9回程度の取引で大きな利益を出すことは難しく、 残念ながらiFOREXを利用し、スキャルピングで利益を上げることはたいへん難しい と言わざるを得ません。

・スキャルピングに適したFX業者とは!3つのポイントで解説
・スキャルピングにオススメな業者と口座タイプ3選

日本人利用者No1のXM Trading(XMトレーディング)

おすすめ度 ★★★★★

日本でも認知度も人気度も一番高い海外FX業者です。XMは世界に70万人以上の顧客を持つグローバルな海外 FX業者です。従業員数も180名を超え、日本人スタッフも15名以上在籍しています。
日本語サポートも充実しており、チャットでサポート対応もしてくれます。そういった経緯から現在日本人利用者が最も多い業者で、初心者から上級者まで幅広い層から定評がある会社です。
どこに口座開設をしようかな?と悩んでいる人はまず手始めにXMをおすすめします。

アバター

編集長 櫻井

大学卒業後就職するも半年で会社が倒産。就職先が無くIT業界に入りたくてひたすら1年間勉強とバイトをして会社を立ち上げる。順調に成長していたが大きな案件でトラブルを抱え2000万の案件が無くなり全力を注いでたため資金ショート。会社を畳む。 経験を生かしIT会社に就職。そこの先輩のすすめで株をやるがリーマンショックが絡み見事に失敗。その後自身のトレードノウハウをコツコツと身につけ、FXだけで生活できるレベルまでトレーダーとして成長。 IT会社から転職し海外FX徹底比較ドットコムのサイト立ち上げに参加。 現在は編集長として記事の正確性や信頼性のチェックを主な仕事にしている。 座右の銘は「負けていても収入がプラスになるトレーダーでいる事」 (FXトレード暦:10年・国内、海外株取引:7年)

公式LINE週報(2022/7/9)

LINE週報

【完全無料】☆知識ゼロでもたった20分で丸分かり☆やさしい株投資入門まとめ☆【株式投資初心者向け】

LINE週報

公式LINE週報(2022/6/25)

LINE週報

公式LINE週報(2022/6/18)

・総フォロワー10万人超え!
・異次元の投資戦略と未来予測で爆益
・東大卒4年目の専業投資家
・総資産1億円超え
・海外不動産3500万円
・米国株ブログ村ランキング1位
・新卒でトップIT企業に就職
→1年目で資産2000万円突破
→独立して専業投資家
・投資で勝つための正しい知識を発信し、本気で日本を強くしたい!

【株・FX・仮想通貨】トレードに役立つおすすめ心理学9選


これから紹介する心理学をなるべくわかりやすく解説していきます。

① プロスペクト理論

プロスペクト理論とは 「不確実性下における人間の意思決定のモデルの一つ」
えっと…
正直意味わかりませんよね(笑)
簡単に説明すると 「人は得をした時より損をした時の方が感情が大きく動く」 ということ。
これくらいで思っていただけるといいと思います。

①ー1 リスク回避性

リスク回避性とは、人は 「確実に貰えるものは貰いたい」 という心理が働くことです。

A 無条件で100万円もらえる
B コインを投げて表なら300万円。裏なら0円

多くの人はAを選ぶ傾向にあります。
期待値で考えた場合Aは100万円、Bは150万円です。
Bの方が期待値は高いのですが、貰えたはずのお金が1円も貰えなくなる可能性ということを避けたくなる心理が働き、確実にもらえるAを選んでしまうのです。

このように人は 「確実に貰えるのもは貰いたい」 という心理が働きます。

トレードで例えると、「貰えるものは貰いたい」と思うことで早く利益を確定したくなります。
これが チキン利食いの原因の一つ なのです。

①ー2 損失回避性

損失回避性とは、人は 「確実に損失を出すということから回避しよう」 とする心理が働くことです。

C 無条件で100万円失う FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説
D コインを投げて表なら300万円失う。裏なら0円になる

この場合多くの人はDを選ぶ傾向にあります。
期待値ではCは−100万円、Dは−150万円です。
こちらの場合は損失を回避したくなり、少しでも損失をなくせる可能性のあるDを選んでしまうのです。

このように人は 「損失をできるだけ回避したい」 という心理が働きます。

トレードで例えると、「損失を回避したくなる」と思えば思うほど損切りができなくなります。
これが 損切りができなくなってしまう原因の一つ なのです。

② サンクコストバイアス

サンクコストバイアスとは 「お金や時間、労働などを費やしたものを取り戻したくなる」 心理傾向のことを言います。
*バイアスとは「偏見」「思い込み」「先入観」といったもの
簡単に説明すると 「もったいない」 と思ってしまい、ずるずると過去のことを引きずってしまうことです。

しっかりと時間をかけて分析したのにも関わらず含み損を抱えてしまったとします。
「あんなにも時間をかけ分析して、資金もそれなりに入れていたのに含み損か…」
「もったいなくて損切りできない」
と思ってしまいたくなります。

このように 「もったいない」と思うことによって損切りができなくなる傾向があります。
「もったいない」この感情はトレードにおいて非常に危険なので気をつけましょう。

③ バンドワゴン効果

バンドワゴン効果とは 「多数の人が選択している現象が、その選択肢を選択するものをさらに増大させる効果」 のことをいいます。
これも正直よくわかりませんよね。
簡単に説明すると 「みんなと同じことなら安心」 という心理から大多数と同じ行動をとってしまうということです。

トレードで例えると、上昇相場において急上昇が発生して 「飛びつき買い」 をしてしまい高値掴みとなってその後含み損になってしまうといったところです。
他には仮想通貨において「この仮想通貨は みんなが買っていて人気だし買ってみるか 」というように「みんなが買っているから」という理由だけで買ってしまっているようなことをいいます。

「みんなが知っている情報」=「大衆が知っている情報」
大衆心理で見た時、 「みんなが知っている情報」 はあまり 「優位性」がない ことが多いので損をする可能性が高いです。

みんなと同じだから安心」 この心理に陥っている状態での行動には気をつけましょう。

④ ギャンブラーの後謬(ごびょう)

ギャンブラーの誤謬(ごびょう)とは 「ある事象の発生頻度が特定の期間中に高くなった場合に、その後の試行におけるその事象の発生確率が低くなると信じてしまう心理状態のこと」
わかりにくいので具体例をあげて説明します。
コインを投げて連続で表が5回出たとします。
この時、次コインを投げたら 「そろそろ裏が出るだろう」 と思ってしまうことです。
確率で考えると、表、裏それぞれの出る確率は1/2と同じはずなのに偏った考えになってしまいます。

トレードでいうと、これだけ上がり続けていたら 「そろそろ下がり始めるだろう」と思って感覚だけで逆張りしてしまう ことです。
「値頃感」でのトレードをしてしまう原因の一つ がこの『ギャンブラーの誤謬(ごびょう)』に気付かぬうちに陥っているからです。

⑤ 認知的不協和

認知的不協和とは 「自分の正しいと思う考えや行動とは違うことをした時の不安感をなくす為に、その時の状況に合わせて考え方、行動を変え自分を正当化する」 ことです。

トレードで例えると、マイルールで決めているはずの、エントリーから決済までの計画が根拠もなく自分の都合に合わせて変更してしまうことがあげられます。
エントリーに関しては自分のエントリーポイントまで待てずにたくさんエントリーしてしまい「ポジポジ病」になる。
含み益が出た時には利確位置まで待てずに「チキン利食い」となり、
含み損を抱えると、何か理由をつけて損切りができなくなり「塩漬け」となってしまいます。

認知的不協和に陥ることによって 一度決めたこと(マイルールを破る)を変えて自分を「正当化」 してしまう ことによって 大きな損失を出してしまう ことにつながるので気をつけましょう。

⑥ レイク・ウォビゴン効果

レイク・ウォビゴン効果とは 「自分の能力は他の人と比べて優れていると、自分を過大評価してしまう心理傾向のこと」 です。

レイク・ウォビゴン効果は初心者や勝ち始めてた人が陥りがちな印象です。
始めたばかりの人が「自分は負けるはずがない」と何故かよくわからない自信に満ち溢れてトレードを始めます。
そして大きな損失をだしてしまう。
実際に私もそうでした。
勝ち始めたかといって「もう負けないだろう」と大勝負に出て大損する。
これも 「自分は他の人より優れている」 という心理傾向からなる行動です。

⑦ 自己奉仕バイアス

自己奉仕バイアスとは 「成功した時は自分の能力、失敗した時は誰か(物)の責任としてしまう」 ことです。

人は無意識のうちに自尊心を保つために自分の行動を正当化してしまいます。
そのため自分の失敗を認めたくないという感情が出てくるのです。
失敗を認めたくないということから 「失敗した時は誰か(物)のせい」 にしてしまいます。

トレードにおいては、損切りをした、含み損を抱えた時に、「相場の動きが悪い(相場が悪い)」「指標の結果が悪い(指標のせい)」など失敗の原因を 「自分以外の何かのせい」 にしてしまうことがあげられます。
逆にトレードが上手くいくと「自分の能力のおかげ」と思い込んでしまい反省を忘れてしまいます。

自己奉仕バイアスに陥ってしまうとトレードが向上しにくいです。
しっかり 失敗したら自分の責任と思って反省して改善 をするようにしましょう。

⑧ どうにでもなれ効果

どうにでもなれ効果とは 「一度失敗をした時に自制心が崩れる」 ことです。

トレードでは、損切りのマイルールを破ってしまいその罪悪感から損切りができなくなりそのまま塩漬けにして大損となってしまうことがあげられます。
マイルールを破りマイルールとは真逆のことをしてしまう ことがこの「どうにでもなれ効果」によるものなのです。

もし マイルールを破ってしまった時こそ冷静に なりこの「どうにでもなれ効果」を思い出してすぐに立て直すようにしましょう。

⑨プライミング効果

プライミング効果とは 「先に得た情報が、今後の行動(思考)に影響してくる」 ことです。

わかりやすい例だと、「10回クイズ」がわかりやすい例だと思います。
みなさんも1度はしたことがあると思います。 FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説
「〜を10回言って。」「それじゃあ〜は何?」ってやつです。
かなりの確率で答えを間違えますよね。
10回クイズのように「先に得た情報が優先的に処理されてしまう」ことを認識しておきましょう。

トレードではファンダメンタルズ分析、テクニカル分析において証券アナリストや有名人の発言によって自分のトレードに影響してしまうことあります。
他の人の情報を信じ込まず、しっかりと自分で情報を仕入れて、 自分で判断し、腹落ちさせてから行動に移すようにしましょう。
「プライミング効果」に惑わされず、誰かがなんと言おうと 最終的に決めるのは自分 でするようにしましょう。

なぜトレードで心理学(メンタル)が重要なのか

よくトレードは心理学(メンタル)が重要と聞きますよね。
結論として
心理学を知ることによってメンタルが鍛えられてより良いトレードができる」
ようになります。

トレードに心理学(メンタル)が必要な理由

①チャートは大衆心理で動いている

チャートの値動きは大衆心理で動いていると言われています。
そもそも大衆心理とは「人は集団の中で生活しており、自分の考え、判断より周りの意見や行動に合わせてしまうこと」です。

特にFXでは9割の人が負けると言われています。
毎回大衆心理通り動いているのであれば9割も負ける人は出てきませんよね。
大衆心理通り動くこともありますが、 大衆心理とは逆の動きをすることが多い です。

チャートには伝統的なチャートパターンが存在します。
「このチャートパターンが出たら次はこう動く」
トレード本にはこのようなことがたくさん書いてあります。
しかし実際トレードをしていてチャートパターン通り素直に動いたことって少ないのではないでしょうか。

こうして大衆が考えるであろう動きと逆の動きをとることによって、その少数派の人が勝っているという仕組みです。
大衆心理とは逆の動きをすることで「優位性」が生まれて利益を上げられやすくなる のです。

②正しい思考が、正しいトレーディングである

「正しい思考が、正しいトレーディングである」 FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説

トレーダーの中ではかなり有名な著書「デイトレード」の一文から抜粋した言葉です。
「デイトレード」は手法ではなくトレードにおける心構えといった心理、メンタルに関することが書かれた書籍となっています。
「デイトレード」では何度も思考(メンタル)が重要だと書かれていることから、トレードにおいてメンタルは必要なんだとわかります。
【送料無料】デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術/オリバー・ベレス/グレッグ・カプラ/藤野隆太

例えば、長期的に見れば勝てる手法があったとします。
ではこの勝てる手法を使い続けて、もし不運にも数回負けが続いたとします。
使い続けたら勝てると分かっていても負けが続くとどうしてもやり方を変えたくなりませんか?
このように頭の中では分かっていてることでも不運なことが連続で起きると変えたくなってしまいます。
素晴らしい手法があっても使い続けることができなければ意味がありません。
そのためにやり方を変えたくなる気持ちを抑え込むためには「 正しい思考」を身につける必要があります。

結果として トレードをする際には「正しい思考」(メンタル)が必要 だということがわかります。

心理学をトレードでいかす方法

結論として、 今回紹介した心理学をもとにマイルールを設定する ことです。

マイルール通りにトレードするということは大切だとよく聞くと思います。
なぜマイルールが必要かというと、 マイルール通りトレードできなければ感情的なトレードが増えてトレードの良し悪しの判断がつきづらくなります。
そのためトレード毎の問題がわかりにくくトレードが向上しづらくなるからです。

  1. ①プロスペクト理論、②サンクコストバイアスに陥らないようにするには 「エントリー時には利確位置と損切り位置を決める」 ことによって解決できます。 この時に注意しなければならないことが1つだけあります。
    「損切り位置を損失方向に動かさない」
    これだけは守るようにしなければマイルールを作る意味がありません。
  2. ③バンドワゴン効果、④ギャンブラーの誤謬(ごびょう)、⑨プライミング効果では 「その日のシナリオを考え、明確にエントリーポイントまで決め、シナリオ通りの動きをした時だけトレードする」 ようにすると解決します。 このようなルールを決めることによって無駄なトレードが減り 「ポジポジ病」の改善 にもつながります。
  3. ⑤認知的不協和、⑧どうにでもなれ効果では 「マイルールを破ってしまった時には、損益に関わらず決済する」 ことで解決できます。 マイルールを破ってしまったということはエントリーの根拠、決済の根拠が崩れてしまっています。
    そんな時は一度思い切って決済し、一度冷静になる必要があります。
    冷静になってからしっかりと反省して問題点を洗い出し次に繋げるようにしましょう。
  4. レイク・ウォビゴン効果、⑦自己奉仕バイアスでは 「トレードで失敗し、損失を出してしまった時は必ず自分責任の問題点を1つ以上出すようにする」 ことで解決できます。 勝ちトレードの時でも何か問題点を探せるとなおよいと思います。
    謙虚な気持ちを忘れない ようにしましょう。

このようなマイルールを設定することにより、 感情によるトレードを減らせる ようになります。
感情によるトレードを減らすことで必ずトレードは向上します。
一度騙されたと思って上記の4つのマイルールのどれかを試してみてください。
きっと感情によるトレードが少しは無くなるはずです。

  1. プロスペクト理論…「チキン利食い」「損切りができない(塩漬けにしてしまう)」
  2. サンクコストバイアス…「もったいないと思うことにより損切りができない」
  3. バンドワゴン効果…「飛びつき買い」「みんなと同じだから安心」
  4. ギャンブラーの誤謬(ごびょう)…「値頃感でのトレード」
  5. 認知的不協和…「間違いを認めず自分を正当化する」
  6. レイク・ウォビゴン効果…「自分を過大評価する」「謙虚さがない」
  7. 自己奉仕バイアス…「失敗した際他責ではなく自責で考える」
  8. どうにでもなれ効果…「ルールを破ったことからなげやりになる」
  9. プライミング効果…「他人の発言に影響を受ける」

今回紹介したこの9つの心理学を知っているだけで自分のトレードを 客観的に見れるようになり トレードが向上します。
上手くいかない時こそ一歩引いたところから自分のトレードを見てみると、今回紹介した9つのどれかの心理学に陥っていることが多いです。
いきなり全部の心理学を意識することは難しいと思うので初めの覚えやすいものからゆっくりでいいので覚えてください。
必ずトレードが向上します。

トレードでは心理学(メンタル)が必要となってきます。

まずは大衆心理について考える癖をつけるようにしましょう。
相場格言に 人の行く裏に道あり、花の山」という言葉があるように
大衆とは逆の行動をとることにより「優位性」が出でます。
大衆心理を考えてトレードをするように心がけましょう

次に9つの心理学を知り実行することで「正しい思考」が身につきます。
「正しい思考」を身につけると自然と利益も出せるようになるはずです。

そしてマイルールを設定して感情的なトレードを無くしていきましょう。
マイルールを設定する際には必ず自分のトレードスタイルにあったルールを設定してください。
今回紹介したマイルールを参考にするのもいいですが、 必ず自分でアレンジ してください。
相場の世界では誰かに頼っているだけではいつか退場することになります。
自分で考えて行動することが何より大切なことです。

最後にトレードはメンタルの基礎がしっかりとしていなければ必ずどこかで崩れます。
常にメンタルを鍛えるように心がけましょう。

株で大損しました~そんなとき知っておくべき回避方法8つ

1、株で大損:有名人

株 大損

2、株で大損:個人投資家ブログ3選

株 大損

(1)株で1670万損して借金。それでも生きている

株で1670万を損して借金

また、 メンタル管理、というのも大事なポイント でしょう。

(2)【投資失敗談】20代前半で400万溶かした話〜その1 アキュセラショック〜

かきのたねとピーナッツ

株価は半年近くで800円台から7700円という高値までおよそ9倍となったものの、値上がり材料となっていた「臨床試験結果」が市場の期待を裏切る失敗であったことから、 たった一週間でそ の上げ分を吐き出す暴落 となってしまいました。

(3)買いは家まで 売りは命まで

買いは家まで売りは命まで

いぐるさんは信用取引や空売りでその損失を出してしまっており、やはり リスクの高い取引 はそれだけの危険性があると言えるでしょう。

3、株で大損回避方法:個別銘柄(アキュセラ・インク)

株 大損

(1)大損した事例

暴落

(2)大損を回避する方法

また 個人に人気の銘柄は今回の例のように崩れだすと早い 、という特徴もあるので要注意だと言えるでしょう。

4、株で大損回避方法:個別銘柄(ブランジスタ)

株 大損

(1)大損した事例

同社の 株価は一年足らずで10倍以上になりましたが、その後もとの株価近くまでの大幅な下落 を記録しました。

大損

こういった 仕手系の銘柄は上手く波乗りし、益出しと損切りのタイミングがかなり重要 FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説 であると言えます。

(2)大損を回避する方法

この場合も同様、 「Twitterで人気化している銘柄は触らない」という教訓 が学べ、また 「損切 り、利益確定のタイミングをあらかじめ決めておく」 ということも大事だと言えるでしょう。

5、株で大損回避法:値動きの激しい個別銘柄

(1)大損した事例

大損

またIPO銘柄は上場後しばらくすると人気が剥落し、株価が下落基調に入ってしまう 「上場ゴー ル」 という現象に陥ってしまう場合もあるため、取引の際には注意が必要だと言えます。

(2)大損を回避する方法

この例から学べる損失を回避する方法は、 「値動きにつられてよく分からない銘柄に手を出さな FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説 FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説 いこと」「短期ボラティリティの高い銘柄は避けること」 だと言えるでしょう。

6、株で大損回避法:相場の暴落局面(○○ショック)

株 大損

(1)大損した事例

この項目で見ていくのは、「1.株で大損した有名人」「2.株で大損した方のブログ3選」でも少し触れた 「相場全体・世界のマーケットの暴落局面での損失」 です。

(2)大損を回避する方法

そのため、 「ニュースなどをチェックし、自分なりに将来の株価予測をたてておく」 ということも必要だと考えられます。

7、株で大損回避法:未公開株売買で大損

株 大損

(1)大損した事例

また、株式に関わる損失案件として 「未公開株売買による損失」 というものがあります。

(2)大損を回避する方法

8、株で大損回避法:8つのポイント

株 大損

ここまで紹介してきた 「株での大損を回避する方法」 をまとめてみると、

・「自分の資金以上の売買を行う、信用取引の利用はやめる」

・「Twitterで話題になっている銘柄の売買は避ける」

・「個人投資家に人気になりすぎて、買い目線が極端に多い銘柄は避ける」

・「IPO銘柄のようなボラティリティ銘柄の売買は避ける」

・「利益確定・損切りのタイミングをあらかじめ決定しておく」

・「下げを予想したうえでのリスク管理を行う」

・「ニュースなどをチェックし、自分なりの予想を立てる」

・「おいしい話にはひっかかってはならない」

株式投資で一番大事なのは、利益を出すことよりも 「損失を最低限にとどめ、資金を必要以上に 失わないこと」 だと言えます。

いずれにせよ、株式投資ですぐに儲けられる、という目線でいくよりは 「日々の勉強を大事にし て取引ルールや取引手法を磨いていく」 という姿勢を持っていくとよいでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる