高金利通貨でのFX

トレンド相場を学ぼう

トレンド相場を学ぼう
BR創薬株7種構成銘柄:ジーエヌアイグループ、アンジェス、そーせいグループ、ペプチドリーム、サンバイオ、ヘリオス、ステムリム

【ナスダック】調整の下落はすぐに終わる

・金融緩和政策って?
簡単に言えば、金利を引き下げる政策です。
金利を引き下げると、企業が銀行から借り入れるとき、低い金利で資金を借りることができます。これは企業にとってコストの削減につながります。
また、日本円やドルを大量に供給する政策も金融緩和政策のひとつです。現在、アメリカの中央銀行にあたる連邦準備制度理事会(通称FRB)は、大量のドルを金融市場に供給しています。それが株式投資の資金として利用され、現在の米株高トレンドを支えているのです。

ナスダック指数のチャート

ナスダック指数日足チャート(年初来)

ナスダック指数日足チャート(年初来)

政策が将来景気を回復させるという期待にサポートされた 『政策相場』 という軸が折れないかぎり、ナスダック指数はすぐに上昇トレンドへ戻るとジェイは予想しています。

Pythonでナスダック指数を予測 !

この記事では『ナスダック総合指数=ナスダック指数』とします。

今回の予測モデル

ナスダック指数を予測するために、今回採用したモデルは『ARIMAモデル』というやつです。

ARIMAモデルについて

・ARIMAモデルって何?
時系列に並んだデータから将来を予測するためのモデルです。『アリーマ モデル』といいます。『AR』『I』『MA』を組み合わせて将来どうなるかを予測します。

・ARって?
ARは『自己回帰』という意味です。簡単に言えば、今日の自分自身はどのくらい前の自分自身に影響されているんだろう?ということを表しています。
例えば、今日のナスダック指数の価格は何日前のナスダック指数の価格に強く影響しているんだろう?あ!2日前の価格に強く影響している!というふうに考えます。

・I って?
これは『差分』を表しています。例えば、今日と昨日の価格を引いた値が『差分』となります。ARの予想精度を上げるために『差分』を取ります。

・MAって?
MAは『移動平均』という意味です。簡単に言うと、今日の株価はどのくらい前の誤差に影響しているんだろう?ということ表しています。
例えば、今日のナスダック指数は1日前の誤差に強い影響を受けている!というふうに考えます。

ARIMAモデルで分析!

今回使う価格データの期間は『2020年3月23日~9月11日』です。

上でも述べましたが、3月23日にアメリカの中央銀行にあたるFRBはこの日『無制限緩和』という前代未聞の政策を打ち出しました。

そして、この時を起点にナスダック指数の上昇トレンドが始まったので、3月23日から先週末(9月11日)までのデータをもとに予測していきます。

分析結果

赤 い 文字 の部分だけ見てください。

『AR=1』とは『1日前のナスダック指数の価格に影響を受けている』ことを示しています。

『I=1』とは、『1日分の差分を取るとARの予測の精度が上がる』ことを意味しています。

『MA=0』とは、今回のデータでは『何日前だろうと誤差の影響は受けない』ことを意味しています。

予測チャート

ナスダック指数の予測チャート(日足)

ナスダック指数の予測チャート(日足)

青のラインが予測された価格 です。右肩上がりになっています。

これは、 ナスダック指数が上昇トレンドへ戻る可能性 を示しています。

ナスダック指数とVXN指数

それが 『VXN』 という指数です。

・VXNって何?
ナスダック版恐怖指数のことです。正式名はCBOE NASDAQ-100 Volatility トレンド相場を学ぼう トレンド相場を学ぼう Index (VXN)といいます。ナスダック100指数(NASDAQ-100)のオプション取引価格から算出される指数です。VXNの数値が高いほど、投資家が相場の先行きに不透明感を持っていると判断します。

このVNXのベースはナスダック総合指数の兄弟指数『ナスダック100』ですが、ナスダック総合指数のトレンドを予測するときに必ずみる指数です。

VXNが上昇トレンド にある場合、 ナスダック指数は下落する可能性 を示します。

VXNが下落トレンド にある場合、 ナスダック指数は上昇する可能性 を示します。

VXNのチャート

VXNチャート(日足) / 今年2月以降

今年3月のコロナショックのとき、VXNは『84.67ポイント』まで急激に上昇しました。

しかしその勢いは続かず、先週は低下しました

VXNが低下するということは、投資家の恐怖心理は後退していることを示しています。

前回の記事で書いたとおり、ナスダック指数は『10,800』を下にブレイクするとジェイは予想しています。

しかし、ARIMAモデルの予測とVXNの低下を考えるならば、ナスダック指数は『10,800』を下抜けても、すぐに上昇トレンドは戻るともジェイは予想しています。

GNI、そーせいG、ペプチドリームが大幅高となり上値の山頂に到達 抵抗線突破に期待が集まる

トレンド相場を学ぼう ジーエヌアイグループ株価推移(作成:バイオテックレポート)

そーせいグループ株価推移(作成:バイオテックレポート)

ペプチドリーム株価推移(作成:バイオテックレポート)

2 トレンド相場を学ぼう トレンド相場を学ぼう 創薬企業のIR更新情報(前営業日)

3 創薬株価指数と主要株価指数

トレンド相場を学ぼう
創薬株価指数 終値 前日比(%)
創薬平均株価 511円 +20円(+3.97%)
BR創薬株3種 1,372円 +86円(+6.65%)
BR創薬株7種 906円 +42円(+4.87%)
BR中型株指数 529円 +7円(+1.30%)
BR小型株指数 244円 +6円(+2.35%)
トレンド相場を学ぼう
主要株価指数 終値 前日比(%)
TOPIX33[医薬品] 3,240円 +26円(+0.82%)
NBI* 3,914ドル +84ドル(+2.18%)
日経平均株価 26,119円 -304円(-1.15%)
NASDAQ 11,322ドル +194ドル(+1.75%)

*NBI:NASDAQ Biotechnology Index

4 創薬株価指数とテクニカル指標

創薬平均株価構成銘柄:ジーエヌアイグループ、アンジェス、オンコセラピー・サイエンス、そーせいグループ、ナノキャリア、カルナバイオサイエンス、キャンバス、デ・ウエスタン・セラピテクス研究所、ラクオリア創薬、シンバイオ製薬、カイオム・バイオサイエンス、キッズウェル・バイオ、ペプチドリーム、オンコリスバイオファーマ、リボミック、サンバイオ、ヘリオス、ブライトパス・バイオ、窪田製薬ホールディングス、ソレイジア・ファーマ、Delta−Fly Pharma、ステムリム、メディシノバ、ファンペップ、ペルセウスプロテオミクス、モダリス、クリングルファーマ、レナサイエンス

BR創薬株3種構成銘柄:ジーエヌアイグループ、そーせいグループ、ペプチドリーム

BR創薬株7種構成銘柄:ジーエヌアイグループ、アンジェス、そーせいグループ、ペプチドリーム、サンバイオ、ヘリオス、ステムリム

BR中型株指数構成銘柄:アンジェス、サンバイオ、ヘリオス、ステムリム

BR小型株指数構成銘柄:オンコセラピー・サイエンス、ナノキャリア、カルナバイオサイエンス、キャンバス、デ・ウエスタン・セラピテクス研究所、ラクオリア創薬、シンバイオ製薬、カイオム・バイオサイエンス、キッズウェル・バイオ、オンコリスバイオファーマ、リボミック、ブライトパス・バイオ、窪田製薬ホールディングス、ソレイジア・ファーマ、Delta−Fly Pharma、メディシノバ、ファンペップ、ペルセウスプロテオミクス、モダリス、クリングルファーマ、レナサイエンス

ゴールド相場見通し|FX/GOLD/XAUUSD/金価格|2022年7月6日チャート今後の予想


(参照:FRED)

具体的には、 雇用の状況であったり、企業ごとの決算/ガイダンス などです。

中期的には下目線優勢なテクニカル状況

4時間足ベースで見ると、グレーの中期レンジを下にブレイクして、 高値の切り下げを大きな波の単位で継続 していることがわかります。

短期的にはファンダメンタルの変数が多い

中長期の話をすると金価格の見通しは暗めでしたが、 短期的なお話をすると中立気味 となります。

こういったファンダメンタルの要素も週の後半には控えているので、 短期的には反発が1800ドル近くまで登ってくるのも想定の1つ として事前に認識しておくと良さそうです。

ゴールド相場(GOLD)_今後の注目ポイント

中期下降トレンドライン

1800ドルのレジスタンスエリア

1760ドルのサポートエリア

ゴールド(GOLD)トレンド相場を学ぼう の初トレードが不安な方へ

まず、 不安を感じることは大変良いこと です。
リスクを把握しようとする姿勢はトレードに欠かせません。

ボラティリティが高いゴールドでは、慣れない内に大きく損失を出す可能性があります。
急激な変動を見せるため、人によっては 1時間で資産をすべて溶かすケース も・・・

それを防ぐための 最低限の1意見 を書かせてください。

ゴールドのトレードなら海外業者の利用がおすすめ

ゴールドのトレードをするなら、海外業者のご利用を推奨いたします。
海外業者には ゼロカットシステム が採用されているためです。

FXを含め、CFD(差金決済取引)の際には レバレッジ をかけることが多いです。
レバレッジとは「入金額以上の金額規模でトレードを行うことができる仕組み」を指します。

レバレッジは諸刃の剣なので、100万円で1,000万円分の取引ができる反面、
100万円の資産でトレードしたにもかかわらず、1億円の負債を抱えるリスク もあります。

厳しい話をすると、 初心者であろうと投下資金以上の借金を抱える可能性 があります。

それを回避するのが海外業者採用のゼロカットシステムで、
「 投下資金以上の損失は計上しない仕組み 」となっております。

ゼロカットシステムによって、
最大損失は自分が入金した金額に限定しつつ、
勝ち分は無限に膨らませることができます。

それでも、「 海外 」という単語にアレルギーがある方もいらっしゃると思います。

「よく分からない不安がある中で、海外業者も複数あるがどうすれば・・・」
という方には、 まずはXMという業者をおすすめいたします。

中には危険な海外業者も

逆に不安が全く無いというのは危険なので、
海外業者で起こり得る以下の事例 も紹介しておきます。

上記は私も相談を受けたことがありますが、
「よく分からないけどすごく条件が良かった」という理由のみで
口座開設をしてそうなったという内容がほとんどです。

ただでさえ金銭が動くトレードで、このような無駄な不安は取り除きたいと思います。
その観点では、「 海外業者に迷ったら最初はXM一択 」ぐらいで捉えておいても良いです。

私は ボーナスが充実している海外業者のGEMFOREX も活用していますが、
こちらは少し海外業者のトレードに慣れてからのほうがうまく活用できる印象です。

GNI、そーせいG、ペプチドリームが大幅高となり上値の山頂に到達 抵抗線突破に期待が集まる

ジーエヌアイグループ株価推移(作成:バイオテックレポート)

そーせいグループ株価推移(作成:バイオテックレポート)

ペプチドリーム株価推移(作成:バイオテックレポート)

2 創薬企業のIR更新情報(前営業日)

3 創薬株価指数と主要株価指数

創薬株価指数 終値 前日比(%)
創薬平均株価 511円 +20円(+3.97%)
BR創薬株3種 1,372円 +86円(+6.65%)
BR創薬株7種 906円 +42円(+4.87%)
BR中型株指数 529円 +7円(+1.30%)
BR小型株指数 244円 +6円(+2.35%)
主要株価指数 終値 前日比(%)
TOPIX33[医薬品] 3,240円 +26円(+0.82%)
NBI* 3,914ドル +84ドル(+2.18%)
日経平均株価 26,119円 -304円(-1.15%)
NASDAQ 11,322ドル +194ドル(+1.75%)

*NBI:NASDAQ Biotechnology Index

4 創薬株価指数とテクニカル指標

トレンド相場を学ぼう 創薬平均株価構成銘柄:ジーエヌアイグループ、アンジェス、オンコセラピー・サイエンス、そーせいグループ、ナノキャリア、カルナバイオサイエンス、キャンバス、デ・ウエスタン・セラピテクス研究所、ラクオリア創薬、シンバイオ製薬、カイオム・バイオサイエンス、キッズウェル・バイオ、ペプチドリーム、オンコリスバイオファーマ、リボミック、サンバイオ、ヘリオス、ブライトパス・バイオ、窪田製薬ホールディングス、ソレイジア・ファーマ、Delta−Fly Pharma、ステムリム、メディシノバ、ファンペップ、ペルセウスプロテオミクス、モダリス、クリングルファーマ、レナサイエンス

BR創薬株3種構成銘柄:ジーエヌアイグループ、そーせいグループ、ペプチドリーム

BR創薬株7種構成銘柄:ジーエヌアイグループ、アンジェス、そーせいグループ、ペプチドリーム、サンバイオ、ヘリオス、ステムリム

BR中型株指数構成銘柄:アンジェス、サンバイオ、ヘリオス、ステムリム

BR小型株指数構成銘柄:オンコセラピー・サイエンス、ナノキャリア、カルナバイオサイエンス、キャンバス、デ・ウエスタン・セラピテクス研究所、ラクオリア創薬、シンバイオ製薬、カイオム・バイオサイエンス、キッズウェル・バイオ、オンコリスバイオファーマ、リボミック、ブライトパス・バイオ、窪田製薬ホールディングス、ソレイジア・ファーマ、Delta−Fly Pharma、メディシノバ、ファンペップ、ペルセウスプロテオミクス、モダリス、クリングルファーマ、レナサイエンス

ゴールド相場見通し|FX/GOLD/XAUUSD/金価格|2022年7月6日チャート今後の予想


(参照:FRED)

具体的には、 雇用の状況であったり、企業ごとの決算/ガイダンス などです。

中期的には下目線優勢なテクニカル状況

4時間足ベースで見ると、グレーの中期レンジを下にブレイクして、 高値の切り下げを大きな波の単位で継続 していることがわかります。

短期的にはファンダメンタルの変数が多い

中長期の話をすると金価格の見通しは暗めでしたが、 短期的なお話をすると中立気味 となります。

こういったファンダメンタルの要素も週の後半には控えているので、 短期的には反発が1800ドル近くまで登ってくるのも想定の1つ として事前に認識しておくと良さそうです。

ゴールド相場(GOLD)_今後の注目ポイント

中期下降トレンドライン

1800ドルのレジスタンスエリア

1760ドルのサポートエリア

ゴールド(GOLD)の初トレードが不安な方へ

まず、 不安を感じることは大変良いこと です。
リスクを把握しようとする姿勢はトレードに欠かせません。

ボラティリティが高いゴールドでは、慣れない内に大きく損失を出す可能性があります。
急激な変動を見せるため、人によっては 1時間で資産をすべて溶かすケース も・・・

それを防ぐための 最低限の1意見 を書かせてください。

ゴールドのトレードなら海外業者の利用がおすすめ

ゴールドのトレードをするなら、海外業者のご利用を推奨いたします。
海外業者には ゼロカットシステム が採用されているためです。

FXを含め、CFD(差金決済取引)の際には レバレッジ をかけることが多いです。
レバレッジとは「入金額以上の金額規模でトレードを行うことができる仕組み」を指します。

レバレッジは諸刃の剣なので、100万円で1,000万円分の取引ができる反面、
100万円の資産でトレードしたにもかかわらず、1億円の負債を抱えるリスク もあります。

厳しい話をすると、 初心者であろうと投下資金以上の借金を抱える可能性 があります。

それを回避するのが海外業者採用のゼロカットシステムで、
「 投下資金以上の損失は計上しない仕組み 」となっております。

ゼロカットシステムによって、
最大損失は自分が入金した金額に限定しつつ、
勝ち分は無限に膨らませることができます。

それでも、「 海外 」という単語にアレルギーがある方もいらっしゃると思います。

「よく分からない不安がある中で、海外業者も複数あるがどうすれば・・・」
という方には、 まずはXMという業者をおすすめいたします。

中には危険な海外業者も

逆に不安が全く無いというのは危険なので、
海外業者で起こり得る以下の事例 も紹介しておきます。

上記は私も相談を受けたことがありますが、
「よく分からないけどすごく条件が良かった」という理由のみで
口座開設をしてそうなったという内容がほとんどです。

ただでさえ金銭が動くトレードで、このような無駄な不安は取り除きたいと思います。
その観点では、「 海外業者に迷ったら最初はXM一択 」ぐらいで捉えておいても良いです。

私は ボーナスが充実している海外業者のGEMFOREX も活用していますが、
こちらは少し海外業者のトレードに慣れてからのほうがうまく活用できる印象です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる