取引ルール

FXのスプレッドとは?

FXのスプレッドとは?
サーバーが弱く、処理能力の低いFX会社は非常に危険です!

イタリア債利回り上昇 スプレッドの拡大はユーロを圧迫=NY為替

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P FXのスプレッドとは? Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

FXにかかる手数料の種類は?各社の入出金手数料やスプレッドを比較!

FX

FXプライムはスキャルピング公認!メリットや口コミ評判は?

FX

ヒロセ通商のLION FXは評判が良い?キャンペーンやアプリも調査

FX

FX会社でスプレッドが狭いのはどこ?米ドル/円など通貨ペア別に比較

FX

外貨ex byGMOの評判や口コミは良い?アプリの使い方やキャンペーンも紹介

FX

FXを1000通貨取引できるおすすめ口座8選!FX少額取引の始め方

本サイトで掲載する内容はクレジットカード及びローン商品、証券口座、FX、暗号資産等の一般的な情報提供を目的としております。当社は商品・サービスを提供する事業者とお客様との契約・取引に関して、いかなる関与もいたしません。
当社は第三者を含む利用者・事業者間におけるトラブルには一切責任を負わないものとします。
本サイトでは各金融機関の情報に基づき、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、情報の更新により、掲載内容と最新情報に相違がある場合もございます。本サイトに掲載の情報は記事の作成日または更新日時点での内容になりますので、商品・サービス等の最新情報につきましては、各金融機関の公式サイトにてご確認ください。
本サイトにて掲載の商品・サービスの詳細については、当社ではお答えできません。商品・サービスの内容や契約、申し込みに関するご質問は、商品・サービスを提供している事業者へお問い合わせください。
本サイト掲載の商品・サービスには、契約時に所定の審査が行われるものがございます。本サイトに掲載の情報は、個人の審査結果を保証するものではございません。
ローン商品の契約には利息が発生する可能性がございますので、お借り入れ条件をご確認の上、計画的なご利用をお願いいたします。
FXや株式等の金融取引は元本・利益を保証するものではなく、相場の急変動等により損失が生じる場合がございます。リスクを理解した上での取引をお願いいたします。

【2022年6月最新】海外FX16社のスプレッド比較【最狭あり】

悩んでいる人

海外FX業者はボーナスやレバレッジの高さに注目が集まりがちですが、 長くトレードを続けるためには 手数料である スプレッドのせまさが最重要 です。

実際に私も、専業トレーダーになる前はボーナスが豪華な海外FX業者ばかりを使い、スプレッドのせまさを意識していなかったせいで全く勝てなかった経験があります。

リク

スプレッドで選ぶおすすめ海外FX業者

海外FX業者特徴
ThreeTrader 海外FX業者のなかでスプレッド最狭
Exness 狭いスプレッド&無制限のレバレッジ
easyMarkets固定スプレッド制でスキャルピングに最適
スプレッドが狭い海外FX業者

忖度を抜きにして、数ある海外FX業者のなかでスプレッドが狭く約定力が高いのは上記の海外FX業者です。

特に ThreeTrader と Exness は、専業トレーダーである私も愛用している海外FX業者なので、スプレッドの狭いブローカーを探しているなら必ず口座開設しておきましょう!

海外FXのスプレッドの基礎知識

  1. スプレッドとはなにか
  2. スプレッドの単位と呼び方

(※「今すぐにスプレッドの比較が見たいな」という方は、「スプレッド比較」をクリックすると該当箇所までジャンプできます。

スプレッドとは?

結論からいうと、 スプレッドとは「買値と売値の差額」のこと で、トレーダーがFXの業者に支払う手数料のことです。

この差額が狭ければ狭いほど、 トレーダーとしては利益を出しやすくなる ので、スプレッドの狭さはとても重要です。

スプレッドの単位と呼び方

海外FX業者の場合は「pips(ピップス)」と呼び、日本国内のFX業者の場合は「銭」と呼ばれています。

海外or国内海外FX業者国内FX業者
呼び方pips(ピップス)
1円100 pips100銭
0.1円10 pips10銭
0.01円1 pips1銭
スプレッドの単位と呼び方

海外FXの場合は0.01円が1pips となるので、0.028円は「2.8pips」となります。

海外FX業者と国内FX業者のスプレッドの違い

  1. 変動スプレッド制と固定スプレッド制の違い
  2. 口座タイプによるスプレッドの違い

(※「今すぐにスプレッドの比較が見たいな」という方は、「 スプレッド比較 」をクリックすると該当箇所までジャンプできます。

変動スプレッド制と固定スプレッド制の違い

具体的には、 海外FX業者が「変動スプレッド制」 をとっている一方で、 国内FX業者は「固定スプレッド制」 をとっています!

海外or国内海外FX業者国内FX業者
スプレッド変動スプレッド制固定スプレッド制
特徴相場の状況に応じてスプレッドが変化スプレッドは原則一定
メリット狭いスプレッドでトレードできる安定したスプレッド環境でトレードできる
デメリット 経済指標や要人発言があるときはスプレッドが広がる 経済指標や要人発言があるときはスプレッドが広がる
スプレッドの仕組みと違い

一方で、海外FX業者それぞれのスプレッドを見るときは、1日をとおしたスプレッドの広さである「平均スプレッド」を確認する必要があります。

口座タイプによるスプレッドの違い

「スタンダード口座」と「ECN口座」の違いは、 スタンダード口座がFX業者を通して注文する方式 である一方、 ECN口座は直接銀行に注文を出す方式 をとっています。

口座の種類スタンダード口座ECN口座
スプレッド普通~少し広い狭い
取引コストスプレッドのみスプレッド+手数料
使うべき人FXトレード初心者FXトレード中~上級者
ボーナスありなし
レバレッジ高いスタンダード口座に比べて低い
最低入金額低い(数百円~)高い(数万円~)
注文スピード普通早い
口座タイプとスプレッド

一方で、 ECN口座の場合はボーナスやレバレッジの充実度が落ちる代わりに、スプレッドが狭く設定 されています。

海外FX業者16社のスタンダード口座のスプレッド比較

まずは、各海外FX口座が用意している一般的な「スタンダード口座」のスプレッドを見ていきたいと思います。

    FXのスプレッドとは?
  • ドル円(USDJPY)
  • ユーロ円(EURJPY)
  • ユーロドル(EURUSD)

スタンダード口座の平均スプレッド比較

海外FX業者USDJPYEURJPYEURUSD
XM Trading 1.5 2.31.6
easyMarkets1.82.31.2
AXIORY 1.41.41.4
ThreeTrader 0.5 0.8 0.6
Big Boss 1.62.21.8
FXのスプレッドとは? Titan FX 1.31.71.3
IS6FX 1.62.31.5
Gemforex 1.62.31.7
Exness 1.11.91.0
iFOREX FXのスプレッドとは? 0.7 1.2 0.7
Trade View 1.FXのスプレッドとは? 82.21.6
Milton FXのスプレッドとは? Markets 1.51.51.5
Genetrade 1.41.91.4
Land FX 0.8 1.5 0.9
FX GT 1.62.21.6
Hot Forex 1.71.61.2
スタンダード口座のスプレッド比較

スプレッドは 時間帯や指標の有無によって変化する ので、あくまで参考程度に留めておいてくださいね!

スタンダード口座のスプレッドが狭い海外FX業者

スプレッドが狭い海外FX業者

    :2021年に日本初上陸した、スプレッドの狭さがウリの海外FX口座。 :狭いスプレッドで有名な海外FX口座。 :ロスカット水準0%で、ハイレバトレーダーに人気の海外FX口座。

スタンダード口座であれば、業者によってはボーナスを利用して取引することができます。

海外FX業者16社のECN口座のスプレッドを比較

ECN口座とは、 ボーナスなどの特典がない代わりに、スタンダード口座に比べてさらにスプレッドが狭く設定されている口座 です!

「ゼロスプレッド口座」や「ナノスプレッド口座」「ノースプレッド口座」など、ECN口座の名称は業者によって違います。

  • ドル円(USDJPY)
  • ユーロ円(EURJPY)
  • ユーロドル(EURUSD)

ECN口座の平均スプレッド比較

海外FX業者USDJPYEURJPYEURUSD
XM Trading 0.FXのスプレッドとは? 1 0. 6 0.1
easyMarkets1.01.80.7
AXIORY 0.30.30.2
ThreeTrader 0.1 0.3 0.2
Big Boss 0.50.90.8
Titan FX 0.30.70.2
IS6FX 0.81.10.7
Gemforex 0.30.50.3
Exness 0.71.20.7
iFOREX
Trade View 0.30.40.1
Milton Markets FXのスプレッドとは? 0.1 FXのスプレッドとは? 0.3 0.2
Genetrade
Land FX 0.30.50.4
FX GT 0.30.70.FXのスプレッドとは? 3
Hot Forex 0.20.80.1
ECN口座のスプレッド比較

ECN口座のスプレッドを見ると、 FXのスプレッドとは? ThreeTraderに加えて XM Trading や Milton Markets といった海外FX業者のスプレッドが狭いように見えます。

一方で、 E CNのスプレッドを見る際に気を付けないといけないのが「取引ごとの手数料」 です!

ECNの口座のスプレッドを比べるときは、この 手数料も含めたスプレッドで比べないと意味がない ため、注意が必要です。

スプレッドとは?FXの手数料

FXのスプレッドとは?

FXのスプレッドとは?

スプレッド=手数料 と思っててください。外貨を売買する時の買値と売値の差額がスプレッドです。

業者A(スプレッド3銭)
10,000×0.03×10回= 3,000円の手数料

業者B(スプレッド1銭)
10,000×0.01×10回= 1,000円の手数料

たった 10回の取引で2千円の差 が出ます。365日で計算すると730,000円!恐ろしい差です…。

スプレッドでFX会社を比較

スワップもスプレッドと同じくらい重要

スワップもFXのスプレッドと同じくらい重要です

スワップ(ポイント)=金利(銀行の利息)と考えてください。日本より金利が高い通貨を買うと毎日スワップ金利がもらえます。

業者A(スワップポイント110円)
110円×365日= 40,150円のスワップ金利収入

業者B(スワップポイント100円)
110円×365日= 36,500円のスワップ金利収入

年間3,650円の差が出ます。100万円を25倍のレバレッジで取引してた場合 125,925円もの差 が出ます。

スプレッドも重要ですが約定能力も重要

FXでは約定能力とスプレッドの関係

サーバーが弱く、処理能力の低いFX会社は非常に危険です!

外為オンラインの口コミ・評判を徹底解説|メリット・デメリットは?

外為オンライン

「iサイクル2取引」を利用できる

https://www.gaitameonline.com/fx-five.jsp

「iサイクル2取引」を利用できる

https://www.gaitameonline.com/fx-five.jsp

高いスワップポイントが得られる

スワップポイントとは

2つ目のメリットは高いスワップポイントが得られることです。

スワップポイントとは通貨間の金利差で生まれる差額のことで、高金利通貨を買い、低金利通貨を売ると差額を手にすることができます。

外為オンラインはスワップポイントを比較的高めに設定しているので、スワップポイントを得られる可能性が高いのです。

取引ツールが使いやすい

3つ目のメリットは取引ツールが使いやすいことです。

取引ツールが使いやすい

https://www.gaitameonline.com/fx-five.jsp#ff02

外為オンラインの取引ツールでは15種類の描画ツールと26種類のテクニカルチャートを提供しています。

描画ツールやテクニカルチャートの内容について知りたい方は、外為オンラインの公式サイトをご覧ください。

資産保全の仕組みが整っている

4つ目のメリットは資産保全の仕組みが整っていることです。

資産保全の仕組みが整っている

https://www.gaitameonline.com/fx-five.jsp#ff05

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる